共栄精工株式会社

English site

設計開発から納入の流れ

■設計開発から納入の流れ
現在、生産設備、検査設備に対する要望は非常に高度になっています。その中では常に自動化、高速化、高精度化、高効率化、そして設備の早い立ち上げが要求されます。共栄精工は、これらの要望に応えるべく高い技術力と新しい提案力を持ち、大きなメリットを提供いたします。 新たなプロジェクトには、共栄精工の高度な技術力をご検討ください。

  • 機械構想(プランニング)
    イメージ案、構成案を受けて、当社のスタッフがシステム提案やコンサルティングを行います。
  • 仕様設計(システム設計)
    機械設計、電気制御設計に通じたスタッフが、全体仕様設計をご提案します。新手法、新技術のご提案も行っていきます。
  • 機械・制御設計
    機械系の設計も、電気系、制御系の設計もすべて当社スタッフが中心となって実行いたします。
  • 製作
    ハードウェアの製作は、当社の最新設備にて製作致します。(第1工場、第2工場)品質管理、納期管理は当社が責任を持って行っていきます。(第4工場)
  • 組立・調整試運転
    組立、システム組込み、調整試運転、テストなどは、当社の工場において行われます。(第3工場、第5工場)
  • 納入・立上げ
    製作の完了した設備は、当社スタッフによる現場での調整、試運転を責任もって行ない、お引渡しとなります。海外への納入についても同様に対応しています。
  • 据付(インストール)
    納入時における、オペレーターの方へのインストラクション、技術スタッフの方への技術説明、および技術ドキュメントの作成についても万全を期しております。
  • アフター
    納入後のメンテナンス、運営上のご相談にも迅速にお応えします。また、設備の改良、拡張のご要望にも的確に対応いたします。

構想・設計

構想・設計

組立

冷間ロール組立

センタリングマシン組立

センタリングマシン組立